クレイ聖書解説コレクション「テモテへの手紙、テトスへの手紙、ピレモンへの手紙」(電子書籍)
ハーベスト・タイム・ミニストリーズ

クレイ聖書解説コレクション「テモテへの手紙、テトスへの手紙、ピレモンへの手紙」(電子書籍)

通常価格 500 円(税込)

内容

クリスチャン生活をしていると、さまざまな教理的疑問にぶつかります。
また、クリスチャンとして目指すべき生活がいかなるものであるかを忘れることもあります。

一般的に、2通のテモテへの手紙とテトスへの手紙を総称して「牧会書簡」と言いますが、
パウロはこれらの書簡によって牧会上の問題を取り上げ、指導者に指示や助言を与えようとしています。
特に第二テモテは、パウロが自分の死期が近いのを感じながらテモテに宛てて書いた別離の書簡とも言えます。

また「ピレモンへの手紙」はパウロが獄中から送った4通の手紙の一つで、
逃亡奴隷オネシモを主にある兄弟として受け入れてくれるようお願いする内容です。
ピレモンの師であるパウロが、上から命じるのではなく丁重にピレモンへ書き送ったその内容は、クリスチャンが同士お互いを元気づける、素晴らしい関係でありたいと感じずにいられない、芸術的な筆致です。

そんなピレモンへの手紙の解説を、24年続いたテレビ番組「ハーベスト・タイム」でおなじみの中川健一牧師が、初めて聖書に触れる方でも分かりやすい文章でお届けします。

(本書は、月刊デボーションガイドClay【クレイ】の、以下の解説記事を書籍化したものです。2005年2月号〜6月号 テモテへの手紙 第一、2006年3月号 テモテへの手紙 第二、2007年12月号 テトスへの手紙、2005年3月号〜4月号 ピレモンへの手紙)

本書の読み方

本書には聖書本文は含まれていません(引用文を除く)。本書をご利用の際は、聖書を傍らに置いてまず該当箇所を読み、その後に解説文を読まれることをおすすめします。

なお、特に断りのない限り、本書の聖書引用は新日本聖書刊行会の新改訳聖書(第3版)を使用しています。

 

更新情報:2017年11月22日 電子書籍版 v2.0

このコレクションの商品をもっと見る