2018年第9回再臨待望聖会
ハーベスト・タイム・ミニストリーズ

2018年第9回再臨待望聖会

通常価格 1,050 円(税込)

ユダヤ人の救いの時は近い

メッセージ:ラリー・フェルトマン師/フラン・フェルトマン夫人
2018年再臨待望聖会
通訳:中川健一、中川洋
MP3ファイル×4、テキストPDF付

コンテンツの内容

ヘブル語聖書(タナハ)からイスラエルに対する神の計画を示す
Ⅰ.神は、ユダヤ人のために祖国を確立すると約束された。
Ⅱ.神は、ユダヤ人を起し、守り、保つと約束された。
Ⅲ.神は、その地を豊かで実り多いものにすると約束された。
Ⅳ.神は、ユダヤ人を霊的に復活させると約束された。
結論
ヘブル語聖書(タナハ)からメシアを提示する
Ⅰ.メシアは、ベツレヘムで誕生する。
Ⅱ.メシアは、受肉された神である。
Ⅲ.メシアは比類なき方法で誕生される。
Ⅳ.メシアは、第2神殿が崩壊する前に来られる。
Ⅴ.メシアは、拒否される。
Ⅵ.メシアは死ななければならない。
Ⅶ.メシアは、再び戻って来られる。
結論
ユダヤ人伝道の聖書的根拠
Ⅰ.私たちは、福音をユダヤ人たちに伝えるべきである。なぜなら、神は私たちを祝福してくださるからである。
Ⅱ.私たちは、福音をユダヤ人たちに伝えるべきである。なぜなら、聖書がそう命じているからである。
Ⅲ.私たちは、福音をユダヤ人たちに伝えるべきである。なぜなら、神が彼らを救うと約束しておられるからである。
Ⅳ.私たちは、福音をユダヤ人たちに伝えるべきである。なぜなら、私たちには責務が与えられているからである。
結論

ラリー・フェルトマン師
フラン・フェルトマン夫人

CD『第9回 再臨待望聖会』(12月初旬完成)

≪ラリー・フェルトマン師 紹介≫

米国ペンシルバニア州で保守的ユダヤ人家族の一員として育つ。1970 年、テンプル大学を卒業(心理学専攻)。同年、イエスをメシアと信じる。神の召命を感じ、ムーディー聖書大学、ダラス神学校で学ぶ。これまでに6 つのメシアニックジューの会衆を設立し、現在、南カリフォルニアで「シュヴァー・イスラエル」の牧会を行っている。MJAA(米国メシアニックジュー連盟)議長として、その名をよく知られている。

ファイル内容

・音声データ(mp3)
【2018年第9回再臨待望聖会01.mp3】  聖会Ⅰ
2018年第9再臨待望聖会02.mp3】  聖会Ⅱ
2018年第9再臨待望聖会03.mp3】  聖会Ⅲ
2018年第9再臨待望聖会04.mp3】  聖会Ⅳ
・付属テキスト(PDF)
【2018年第9回再臨待望聖会テキスト.pdf

※PDFファイルをご覧になるために必要な Adobe Acrobat Reader は、Adobeのサイトにて入手してください。


このコレクションの商品をもっと見る